接客に出る風俗嬢の特徴

接客に出る風俗嬢の特徴

替えの下着を持っている?

風俗嬢の中には仕事中に常に替えの下着を持ち歩くようにしている女性も居ます。

 

特にデリヘルなどでは、ホテルや自宅にデリバリーされた後どういった事が起こるかも分からないと思うので、そういうことを考えると万が一汚れてしまったときの為に下着などの替えは持ち歩いていたほうが良いと思える場面も結構あるようです。

 

一回の出勤で付くお客の数は必ず一人だけと言うわけではありませんし、その日はまったくお客が付かないこともあれば、2人、3人と結構な人数のお客に付くこともあったりとそれは様々なものになりますので、その点をよく考えて風俗嬢は働かなければならないと思います。

 

新人の風俗嬢ではそういった点にまで気が回らないと言う人も居るようですが、ある程度慣れてくるとそうした対応にも気を遣うようになってくるようです。

 

風俗嬢として働く上では、経験を積み重ねることで気を付けなければならない点が分かってくるような人も多いはずです。

 

最初は分からないところが多かったり、気付かなかった、知らなかった、必要なかったことであっても、こうしてときに必要さを求められるようなこともあるので、用心できるような風俗嬢に成長している人も居ると思います。

相手の様子を見てキャラを変える?

風俗嬢の中には自分を作り相手に合わせてキャラクターを演じることの出来るような女性とも居るようです。

 

自分が話しをするのが好きなお客さんに対しては聞きてに回ったり、奥手なお客さんに対しては自ら話題を振ってみたり、スキンシップが好きなお客さんには自ら触れるよう心がけたり、プレイ以外ではあまりべたべたしたくないお客さんを相手には淡白に見せたりと、そうして使い分けることによってお客の心を掴むようにしているテクニックを持つ人も居ると言うことです。

 

風俗嬢は自分からお客を選ぶわけではなく、お客に選ばれるわけですが、お客となる男性側は最初その風俗嬢の性格を知って選ぶわけでは無いはずです。

 

ですから性格があまり合わないと思うと、他の風俗嬢へと目を移してしまう可能性があります。

 

そうしてお客を逃さないようにと工夫をしていくと言う事が必要なのも、風俗嬢としての仕事なのではないかと考えられます。

 

ですから風俗嬢は、相手に合わせてキャラを変えたり、そうして魅せていくことでお客を捕まえておくようなことをすると言う人も居るようです。

 

それがこなせる人と言うのも一部だとは思いますが、それが上手く出来る人は、風俗情としてもやって行きやすいはずです。